頚椎ヘルニア闘病&漫画執筆日記。

一(にのまえ)優羽のオリジナル漫画&猫カフェブログ…時々ヘルニア闘病記。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

一括り

0

この画像は「CatRoomこるね」様の許可を頂いて撮影・掲載しています。
無断での転用はご遠慮下さい。
13062401-DSCI1572.jpg
ガチャにも「ふわふわ」をチラ見せ。

13062402-DSCI1573.jpg
食いついた、食いついた!捕獲する気満々!

13062403-DSCI1578.jpg
飛びついてきて失敗するの図。

13062404-DSCI1632.jpg
失敗した事を拗ねている様に別場所で寝転ぶガチャ。

13062405-DSCI1633.jpg
ふわふわで遊ばない?  「断る。」



今朝起きたら、疲労が取れてませんでした。ガーン。
ちょっと腕の力が抜けてる感じです。
昨日歩いたってだけでコレかー?(いや、調子こいてたツケがきちゃったかもしれない。)

なので今日も大事とってお休みです。ごめんなさーい(汗)

ちょっと愚痴吐きますので隠します。
コメントレスは明後日にします。(明日は病院2箇所行きます。満身創痍だな、もう)

愚痴なんて平気だよーって方だけ「続きを読む」をクリックして下さい。
 

ごみ捨て場に貼り紙がしてあった。
喫煙者に対するごみ捨てのマナーの注意喚起だったのだが、怒り狂っているのか酷く高圧的で、喫煙者じゃなくマンションの住人に向けて「恥さらし!」といわんばかりの文体にちょっと気分を害してしまった。

小さいなー自分と思いつつ、昔っからこういう目によく遭ってる事を思い出した。


高校に入学して間もない時だった。クラスメイトが校内のパンが売り切れちゃったから外の店で買ってくると出て行った。(もう体育会系のノリなのでいくらきちんと並んでいても先輩がきちゃうと譲らなくてはならなくて必然的に1年生は買い損ねる事が多かった。)
私はお弁当組だったので、先に他の子達と食べていたら、外出していた子達が何も買わずに返ってきた。
どうしたの?って皆驚いたけど、そのあと
『○○高校の生徒は万引きとかするから売りたくないってお店にも入れてもらえなかった。』
と、泣きそうな顔で言った。
皆驚いて(そんな!私達、そんなことしないのに!)と教室内でかなり憤慨した。そういう事をしていたのは、私達が知らない卒業生と当時3年だった生徒だ。
学校側も周囲の悪評を気にしてか、朝は近所の駅から教員が見張りに立つほどの本当に悪い学校だと…入学してから自分も体験した。
幼馴染みと一緒に帰る途中、「お腹すいちゃったね」という幼馴染みが前々から気になってたパン屋さんに入った。パンを選び、レジに持っていくと「あんたら、他に隠してないでしょうね?その制服って○○校でしょ?迷惑してんのよ。この前の雨の日だって、置いてあったほかのお客さんの傘とか平気で盗んでいくし。」と言われて気分が悪かった。
(先輩たちだ…。)
私たちはシュンとしてしまった。その気配に気付いたのか
「あ、違うならいいんだけどね。」
と店員さんは言ったけど、そのパン屋さんに入ろうと思うまでに2年かかった。
先輩たちがあちこちでルールを守らず、わが道を行く街道を突っ走った後に走らなくてはならなくなった後輩の私たちは、信頼を回復するのに2年かかったのだ。(私のすぐ前の先輩の代から素行が良くなっているが中々信用してもらえなくて私たちの代でやっと…少し。後の後輩が現在、ありえないぐらい悪評を消し去っている。
 


この経験は社会人になってから再び体験した。
とある会社に出向になった時、その会社に入る時の服装チェックが嫌に厳しすぎる事がひっかかってた。
毎回呼び止められて、爪の色、口紅、髪の色、束ねているヘアグッズの色や柄、ストッキング、靴の色まで隅々とチェックを入れられる。
1ヶ月違いで入社し、同じく出向となった不思議ちゃん(笑)が
「ちょっと変だよね。他の会社の人達はノーチェックだったんだよ?」
と言ってきてビックリした。
私たちは呼び止められて服装チェックで5分くらいかかるのに、他の会社の人達はノーチェック?
その疑問はその他の会社の人達の口から
「あぁ、それは貴方達と入れ違いで出入り禁止になったAさんとBさんのせいね。ルール守らないし、愛想もないし…で、出入り禁止になったのよ。でも辞めさせてないでしょ?だから信用されてないの。貴方達の会社。」
と言われてショックを受けた。
確かに出向先から戻ると、ちょっと夜のお仕事でもしてるんですか風に浮いているAさん、Bさんがいる。ファッションを気にしすぎて、出向先のルールに従わなかった(というか、普通の社会人としても適用外なファッションだったけど。)おかげで、私と不思議ちゃんも同類と見なされてチェックを受けていたのだ。
そのあと暫くして会社の出入り口で警備担当の女の子と仲良くなって、色々愚痴っているうちにチェックをやめてくれた。
私達はやらないって信用は得たけど、会社としての信用は低レベルのままだった。
その後、またしても会社のルールを守らない社員がやってきてしまって、私は入れ違いで退社。その後、会社そのものが信用を完全に無くして契約を打ち切られたと会社に残っていた子から聞いた。
 


だからかな?
こう…○○だからこう!みたいな偏見というか「ひとくくり」がたまーに嫌になる時がある。
真面目にやっているのに、不真面目さんと一緒みたいな…そんなのが嫌だ。

了見が狭いんだろうか?

貼り紙の件でグダグダと悶々としてしまう私って、本当、小さい。
 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。