頚椎ヘルニア闘病&漫画執筆日記。

一(にのまえ)優羽のオリジナル漫画&猫カフェブログ…時々ヘルニア闘病記。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

駅弁

1

この画像は在りし日のコットンです。


13031501-DSCI2722.jpg
キャストとして馴染み始め、猫団子でスヤスヤコットン。

13031502-DSCI2750.jpg
先輩猫ガチャの袋遊びを羨ましそうに見るコットン。

13031503-DSCI2757.jpg
ガチャ「遊びたいなら貸してやってもいい。」コットン「・・・・・。」

13031504-DSCI2758.jpg
ガチャ「まずはパンチだ!」コットン「えっとぉ…」

13031505-DSCI2759.jpg
ぺちっ!  ガチャ「・・・甘いな。」

13031506-DSCI2760.jpg
ガチャ「袋を破るかの勢いで繰り出す!そして中に突進だ!」

13031507-DSCI2761.jpg
コットン「ていっ!ていっ!」
見てやれよっ!Σ( ̄□ ̄;)



今回は本編でのクロと渚のシーンから裏話をひとつ。

二人が車中で会話のシーン(3ページ分)でクロが駅弁食ってますが、実は1ページにつき1個食べてます。
描いてはいませんが、クロは駅で弁当4つ購入しています。
…食べてるっていうより飲んでるんじゃねーの?ってなぐらい早食いの大食いです。
けど、このあと練習で摂取したカロリーをあっさり消化しちゃいます。
このシーンの為に小田原の駅弁をググった一(笑)
あ、穏寧さんのいる寺は小田原(もう殆ど静岡に近い)にあるという設定です。これも裏設定ですね。

ちなみに二人が乗っている電車の車両がグリーン車だとか、余計な裏設定まで設定しているけど全く漫画に反映されていない。
最近技量不足を痛感するなぁ…i|||i_| ̄|○i|||i

次はショウVS藤堂?


コメント頂きました。
続きを読むをクリックしてお読み下さい。
 

<刹那さん

いらっしゃいませ♪
そうなんです、絶賛増殖中です。
両親といえばチラ出演ですが、タカユキの両親が出てきてますね。彼らはまだ表立って出る事はないのでゲストから外してます。
宮内兄弟の両親も出てないですねー。
あ、娘の母親追加するのを忘れてた…。結構出てるのに(汗)(ここでコメントして気づいてしまった)
こうした設定を考えるのは凄く好きです。そのキャラがどうしてこうなっていったのかーとか、その両親はどんな人??みたいなのも考えちゃったりします。主にメインですが。
そういう設定を考えて、ブレないようにExcelに年表作って何年前に何があったとか記録してます。
これはもうトップシークレット!完璧にネタバレになるので誰にも見せないぞと(笑)
LG両親ネタでスピンオフで話描けるくらい設定は細かくしてます。サブもそういった意味ではブレないようにきちんと裏設定してますね。
それはキャラ紹介で徐々に公開していきます。楽しみにしていて下さい(^₋^)/

漫画は本当に難しいなぁと常々思います。
ありきたり設定をどう捻るかが鍵だったりしますから、日々ネタとの戦いになったりとか…。
「Metamorphose」を公開する前って、すっごく恐かったんですよ。逆ハーレム漫画ってどうしてもヒロインが嫌われポジションに入りがちなので、受け入れられるだろうかってビクビクしてました。
蓋を開ければ愛されてまくってますので一安心です。(ショウ人気は大きな誤算ですが。)
もしかしたら恋愛フラグが立ってないから愛されているのかなぁとも考えちゃったりしますけど…。フラグ立ったらどうするんだ、娘。
娘とLGが同居するキッカケっていうのも、初期設定だとぼんやりな感じで、もっと何かビシッとした理由づけがないと居候する理由にならないってかなり悶えました。
それで今の話にいきついているのですが、なかなか留学ネタにまでいきませんね(苦笑)
完結まであと4~5年はかかりそうな今のペース(汗)

マンガ作家さんは、それぞれ色々苦悩しながら、それでも自分の「好き」を軸に描いているんだと一は思っています。
プロ作家さんはどうか解りませんが…あまり自由には描かせてくれない所もあるんでしょうね。
その分、アマチュアは気楽でいいんですが長くタラタラしてしまうとか、中途半端なまま放置ってのが欠点かもしれません。最近のアマチュア作家さんは、そういう方が多いなぁと感じています。…オリジナルの世界が厳しいから途中で止めちゃうのかもしれませんね。

一は「女の友情は薄切りハムより超薄い」って考えをもってたりします。友達沢山いるよって人がいたとしても、本当に上っ面だけで、弱音吐いても、喧嘩しても、それでもつきあってくれるのが友達とも考えてます。
そういう意味でいくと私は刹那さんと、あと文通している友人、そしてもう1人だけ…になっちゃいます。少ないでしょう?
昨日だったか一昨日だったか、モテる女は女友達が多いとかいう記事を読んで思わず失笑。それって単なる男の理想論でしかないし、女の友情に夢持ちすぎなんじゃない??とか思ってたり。
一も友人だと思っていた人達が居ましたけど、結局は都合がいい人間としか相手が見ていなかったのはガッカリしました。
嘘をついて、バレたら逆ギレ。集団での悪口。何かあると捨て台詞が皆、決まって「もう一のマンガなんて読まない!」で終わる。
私ってマンガだけか?それだけだったんか?とガッカリ。
本当に都合よく利用されていただけでした。見たこともないアニメの原稿描かされたりしましたから(苦笑)
しかも当時は原稿用紙もパソコンも何も持っていない時にいきなりでした。(もう一人生の黒歴史です。)
今でもその人達の事があってか、人と知り合うという事に警戒してしまう自分が居ます。
何かのサイトで「貴女は自分の事を人に話さないから不思議な存在として周囲から捉えられてます。もっと自分を曝け出しましょう」って占い??みたいなのを見つけた時に、自分って何?な気持ちと、話したところで「へぇ」で終わるだけ。話そうとすると「あんたの話なんて興味ない」オーラだしまくりの空気の中で話せと言われて話すほどKYじゃないし…。

いかん、長々と黒い愚痴が…。

本当、毎度毎度本当にすいませんi|||i_| ̄|○i|||i
最後のほうは忘れて下さい。愚痴多すぎですね。話し相手がいない反動が…( ̄ω ̄;)

コメントありがとうございました+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚
 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。