頚椎ヘルニア闘病&漫画執筆日記。

一(にのまえ)優羽のオリジナル漫画&猫カフェブログ…時々ヘルニア闘病記。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PTSD

1

13012601-DSCI0508.jpg
天井近くのキャットウォークでくつろぐダンガン。
なげやり感丸出しの足。

13012602-DSCI0559.jpg
笑っているように見えて、実は眠いだけのこの表情

13012603-DSCI0672.jpg
そんな彼と遊ぼうとしても開花に酔ってオモチャ、ガン無視

13012604-DSCI0670.jpg
……まだ開いてる。てかアーサーにオモチャ取られそう。

13012605-DSCI0671.jpg
オモチャを取られた事も気づかず、ずっとこの姿勢。
……楽なんだろうか?いや、撫でろアピール?Σ( ̄□ ̄;)



今日もリハビリに行ってきました。
さすがに土曜日とあって、いつもよりリハビリ室は混んでいて順番待ち。
(前回と違ってちゃんとファイル見てもらえました。例の人じゃないから)

順番を待っている間、ふと目に留まった健康関連本の中に「PTSD」があった。
発行月日を見ると、震災から1年経過した後だから症状が出てる人も多いんだろうな…と何気に読む。

本には恐怖やショック、壮絶な体験をして、その後、それを克服して普通通り生活できる人と、出来ない人に分かれる。
出来なかった人は、些細な事でその記憶を思い出してしまう。それが1ヶ月以上続くとPTSDになり、そこからパニック障害や鬱病に発展する場合もあると記載があって、一自身、
(あぁ…これ、私もじゃん)
と真剣に読み始めようかと思ったら呼ばれてしまった。

一は本当に色々なPTSDをひっ抱えてるんだなと…。
家族の喪失からくるものもあれば、どこに行ってもイジメにあって植えつけられてしまっている恐怖。
特に拒絶される事に対しては色んな記憶がブワッと吹き上がるのでたちが悪い。

この悪の連鎖を断ち切る術は書いてないのかと思った時に呼ばれてしまったので、解決法は見つからぬまま。

喪失感は……一体いつ亡くなるんだろう。
あまりにも私は沢山の…近親者の死を見すぎている。


もうどこを探しても居ない父や従弟や…色んな人の喪失。
無くなってしまった生まれ育った家。
 

コメントレスです。
 

<刹那さん

いつもコメントありがとうございます。

通院中に腰椎ヘルニアの方が沢山いらっしゃいます。
本当に歩き辛そうですね。(放置して悪化させて、総合病院に転院になった方もいます。あの患者さんは本当に辛そうだった。)
ヘルニアは首であれ、腰であれ発症してしまうと色々と生活に制約が出てきてしまうので厄介ですね。

亡き父の実家ではワンコ居ましたよ~。(父方の家系は動物大好き。母は動物嫌い。)
父と今頃は空で駆け回っていると思います。何せ散歩に行くと2時間戻ってきません。ラブラドールだったので沢山運動させなくてはいけないんですが、父と散歩に出ると人間より犬がバテる(笑)
妹も今はブルドッグを飼っていて、毎日顔の皺に堪るアカを取るのが妹の日課だとか( ̄ω ̄;)

価値についてですが、今、某マンガ登録サイトでスマホ対応の料金制に切り替わった事で悩んでます。
評価したけりゃ金払えみたいな…。
無料と謳ってますが、蓋を開ければ「無料ではちょっとしか読めませんし、評価できませんよー。お金払えば読み放題ですよー」になってしまって、評価もコメントもパッタリ無くなってしまった上に、好きな作家さんが昨日、この制度導入によって更新停止宣言を出されました。
理由はクレカもスマホもないから。
私も同じ境遇ですが、私は更新停止ではなくて退会を考えてます。
ちょっと決断を下すのが早いかな…?とも思ってますが、サイトからNO!をつきつけられたようで、自分の価値って…て揺らいでしまってます。

長々と愚痴ってしまってすみません。
長文コメント、全然気にしてませんから大丈夫ですよ。

こちらこそ長くなってしまって。
コメントありがとうございました(^₋^)/
 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。