頚椎ヘルニア闘病&漫画執筆日記。

一(にのまえ)優羽のオリジナル漫画&猫カフェブログ…時々ヘルニア闘病記。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

もう1人の自分

1

12121901-DSCI0336.jpg
高貴な生まれ故か、めったに遊ばない王子。

12121902-DSCI0350.jpg
そんな王子の前にキャストに大人気のオモチャを…

12121903-DSCI0351.jpg
オモチャを………

12121904-DSCI0353.jpg
…………。

12121905-DSCI0355.jpg
見てるだけ。



えっと、今日のブログはちょっとドン引かれるかもしれません。

ここ連日、鬱々とした気分が続行中です。
急に涙が出たり、イラっとしたり…気分はさまざまですが、今日になって忘れていた症状が戻ってきて余計に厄介な状態になりました。

それは

「もう1人の自分の存在」

です。

このもう1人の自分……父の看病をしている最中に心の中に現れました。
いえ、生まれたといったほうがしっくりします。

攻撃的で、常に一の背後にぴったりとつきまとうようにはびこり、ある時は脳裏に…ある時は耳元に暴言を吐いたり、悪口雑言を浴びせて一を責めます。
父の病状が思わしくなく、医師にもう心臓移植しかないと宣告された時に生まれた彼は、一「自殺」を強要する言葉を吐き、そして一自身も
「どうやったら心臓を移植できるか?」
と考えさせるほどにまで追い込んでいったのです。

いつからか、彼は一の身体を支配し始めて、駅のホームに立って電車が入り込むと、足が勝手に動こうとする現象がおき始めました。
…信じられないでしょう?
自分の身体なのに、自分の意思におかまいなく足がホームの中へと動こうとするんです。

(そんなことしたら、身体がぐちゃぐちゃになって心臓あげられない!)

一の必死な抵抗が毎日続きました。
それからというもの、駅のホームに立つ時はしがみつける何かの前に立つ様になりました。

…何年かして、何の策も思いつかぬまま、父が他界したあとも彼は私を責め続けました。
私が存在している事を責め、いかに父が周囲に必要であり、望まれていた事を語られ、仕事も満足に出来ない、無価値な私が生きている事が許せないと責めました。

けど…いつしかその声も小さくなり、消えていました。


それが今日になって戻ってきました。
不甲斐ない私を責めまくり、ヘルニアになった私を責め、

「だからあの時、心臓をくれてやればよかったんだ!そしたら今頃、お前の父親は孫の成長に喜び、自分が立てた工場で仕事もできて順風満帆。親族がバラッバラにならずに一つに纏まって、今頃年末年始の親族の集いを楽しみにいい魚でも吟味してただろうに、お前がのこのこ生きてるから、それすら出来なくなったんだ!
 お前の親族がバラバラになったのは、全部お前のせいだ!
 てめぇの事も何も出来ず、1人が寂しいだの、病気怖いだのビービー泣いてるお前なんて用済みだ!
 社会のクズだ!死ね!」

そう責め立てます。
まさか、またこの声を聞くなんて思わず耳を塞ぎたくなるくらいです。

独り暮らしで、誰とも話さない生活に寂しさを感じていた日々の隙間に、彼はまた目覚めてしまったのだろうか?
心の中で、大泣きしている私の声に…反応してしまったんだろうか…?

信じられないって思う人もいるかもしれません。
でも、確かに私の脳裏に彼は今も存在して、私を罵倒しているんです。

なぜ「彼」と表現しているのか…というと、聞こえる声が男の声だからです。


コメントレスです。
 

ささ様

コメントありがとうございます。

言葉足らずというか…説明不足ですいません。
一応「先日の記事」の雑絵漫画で記載したのですが、血圧がここのところ急激に下がり、今は血圧の薬を飲んでいません。
血圧の薬を弱いものにチェンジしたのですが、それでもフラついたり、急に立ち上がったり、頭を動かすと軽い眩暈を起こすので診察してもらった所、「起立性低血圧」と診断されました。
薬を飲んだ状態で、上が100を切るぐらいの数値です。

リハビリは、先生から
「本当にオマケみたいなもんだから。やる、やらないは自由だよ?」
と言われてました。

ヘルニアはストレスも影響されますから、せっかく治療しに行っているのに「いじめ」まがいな事をされて、ストレスを抱えるのはどうだろう?

そう思って、少し距離を置く事にしました。

もしリハビリが必要な状態であれば、先生も私の申し出に対してストップをかける筈ですから、今は診察で症状の状態を逐一報告、変化が現れたらすぐに言う事という方針で変わりありません。

ささ様は私より症状が重い様ですから、風邪が治ったらリハビリ、頑張って下さいね。
お大事にして下さい。

コメントありがとうございました。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。