頚椎ヘルニア闘病&漫画執筆日記。

一(にのまえ)優羽のオリジナル漫画&猫カフェブログ…時々ヘルニア闘病記。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

久しぶりに

1

12120301-DSCI0001.jpg
はい、またしても雑絵リハビリマンガです。
雑ですが、一の病気とヘルニアの事を描いてます。
参考になれば嬉しいです。



12120302-DSCI2527.jpg
店内で一番デカいツミキングと比べてみると、ちっさいコットン。

12120303-DSCI2529.jpg
よく突進し…

12120304-DSCI2544.jpg
オモチャと戯れ…(ってか、それ一のショール!)

12120305-DSCI2622.jpg
よく眠ってすくすく成長中。
次に行く時が楽しみな彼です。


超久しぶりに、サイトの方のTOPだけですがイラストを冬バージョンに差し替えました。
あ、aboutのイラストもいい加減、差し替えたいところですが、長時間のPC操作は今、抑えていますので時間がある時にでも、春まで持ちこたえそうなイラストを考えておきます(←マテ)


久しぶりすぎて…手が震えました。

実は、TOP絵の前にちょっとだけマンガっぽいのを描こうかなぁとペン入れしてみたんですが、恐怖と不安からか、キャラが全員笑ってないんです。

困ってるとか…不安そうな表情ばかり。

それでも…描けれるんだって思ったら少し気持ちが落ち着いたのか、ようやくTOP絵ができました。
デジタル絵にすると姿勢が前のめりになりがちになるので、アナログにちょっとだけ補正でデジタルかけました。

色鉛筆がね…10色しかなくて色が限定されている事に気づいたのは線画を描き終わった時。
(あ。茶色あったっけ??)
と、焦りました(笑)

アナログカラーも久しぶりでしたが、楽しく色をつけました。
久しくやっていなかった技法でしたが、ちゃんと覚えていた自分にビックリです。
アナログは失敗ができませんが、よりキャラクターが出来上がっていくというか…生き始める感が強く感じられると思いました。
うん、たまのアナログ絵も悪くない。

コメントレスです。
 

<刹那さん

更新停滞中にも関わらず、いつも励みの言葉をありがとうございました。

病院の急な診察変更は、患者側としてはとても困るので、どこかに貼り紙とかしてくれると助かるのですが、残念ながらそれがなかったので戸惑いますね。
看護婦さんとかは、一の病気や生活上の辛さを聞いてくれたりとか…なんかお母さんみたいな方がいらっしゃって色々と励ましてくれます。

心療内科は今年になって散々な目に会いましたが、今のクリニックに変更して本当によかったと思ってます。
ヘルニアに関しても、同様に運よくいい先生に巡りあえたと感謝感謝です。

時々落ち込む事も多いですが、亀の如くゆっくりとゆっくりと、海底から荒波の海上へ…そして陸上にノロノロと上がっていってます。
たまに沈む時もありますが、涙も零れますが、こうしてコメントをいただけるだけでも、本当に嬉しいです。
ありがとうございます。
 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。