頚椎ヘルニア闘病&漫画執筆日記。

一(にのまえ)優羽のオリジナル漫画&猫カフェブログ…時々ヘルニア闘病記。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう少しお休みします

2

1週間、お休みを下さいとお願いして、様子を見てきました。

正直、この1週間は本当に地獄のような1週間でして、精神的にかなり参ってしまいました。
心療内科の先生も、内科の先生も、そして一番の頼りどころの整形外科の先生も

「大丈夫!」

という言葉をかけてくださいました。


が。
一の不安と恐怖はその言葉を吹き飛ばす程の状態になかなか至りませんでした。


とにかく、自分の体たらく、だらしない生活を送っていた報いなのかもしれないとか…このまま描けなくなったらどうしよう…というとてつもない巨大な不安がつきまとってます。
…今もですが。

食生活を改め、毎日散歩に出る。
首への負担を軽減する為にストレッチをマメに行う。
できるだけ健康的な生活を送る…。

そう決めてやってきた2週間ですが、散歩と言ってもただただ歩き、不安と孤独にさいなまれ、人の居るほうへと彷徨い歩くといった状態です。
はたから見たら死人のような様相でしょうね。

人の声欲しさに出歩き、夜が来れば不安で泣き…一人が楽と思っていた私の今までの志向が見事なまでにぶっとばされました。

夜が来ると不安です。
一人が不安です。

で、散歩に疲れるとネットカフェに寄ったりして寝転びながら漫画を読む。
最初は読んでても頭に入らなかったです。


けど、この1週間、お休みしてみて、…ここ数日は整形外科の先生がおっしゃった「痺れと向き合う」を意識してみましたところ前ほどの強い痺れは頻発しなくなりました。
起き上がってビリビリッと走る症状があまり出なくなりました。
痺れはありますが、最初の…診察前に比べると断然軽くなりました。
時々意識しすぎて肩や肩甲骨が凝りますが、凝ったら整形外科でリハビリを受ければ、理学療法士のお兄さんが声をかけてくれます。

人間は一人じゃ生きていけない。

この言葉をとても痛感した1週間でした。

まるまる絵を描かなかったのも初めてでした。

まだまだ諸症状は残ってますので、もう少し、お休みを下さい。
本当にごめんなさい。


この1週間の間に、沢山の励ましのコメントを頂きました。
何年でも待つと仰ってくださった方もいらっしゃって、涙が出ました。
絶対、この場所に戻ります!戻ってきます。


話が飛びますが、声優の朴ロ美さんも、ほぼ同時期に声帯ポリープで手術され、現在入院されているそうです。
20日までは声が出せないそうです。
プロの声優さんですから、不安は素人の私よりもっともっととてつもないものだと思います。
そんな彼女を慰めているのがファンだったり、仲間だったり。


一もささやかながら、本当に労りのコメントを頂き、感謝しています。
病状を軽く軽く!先生が驚くぐらいにして、戻ってきますから、もう少しお休みください。

コメントして下さった方々、本当にありがとうございます。
みんなの励ましコメントで、一、治療に専念します。
 

-2 Comments

pyoko says..."No title"
にのちゃん、頑張ってるね♪
痺れ少しましになって来てるならよかった~
散歩って周りの風景見ながらただただ歩くだけでいいんだと思うよ(^▽^)/
でもあんまり頑張りすぎて疲れをためないようにしてね!
身体がだるい時には十分休息とってね♪
2012.09.16 23:27 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.09.20 00:32 | | # [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。