頚椎ヘルニア闘病&漫画執筆日記。

一(にのまえ)優羽のオリジナル漫画&猫カフェブログ…時々ヘルニア闘病記。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせとお願い【長文です】

5

まず、最初に謝ります。
すいません、明日の更新は難しいかもしれません。


理由は長くなりますが、この日の記事で、疲れ目からくる肩こり⇒痺れかと思っていましたが、当日、整形外科にて診察してもらったところ、

「首のヘルニアの疑いあり」

という診断が下されました。


読者の皆様にご心配させたくないと、ずっと触れずにいましたが…実はこの診断に私は酷くショックを受けました。
軽く書いて何も気にしていないようにしていましたが、この痺れが「普通ではない」痺れでして、肘から下にかけて…そして人差し指・中指・薬指の3本だけが痺れていたからです。
そして首の角度を変えると痺れが強くなったり弱くなったり…、首からきているのでは??という不安感を持ちながら受診した結果が上記の診断結果だったのです。

医師から薬を処方してもらい、1週間様子を見ましたが多少の痺れの改善はあったものの、このブログを書いている時点でも痺れはあります。
……酷いときは左手で何かを持つ、何か動作をするというのも上手く行かないほど酷かったです。
薬の効果で、今は原稿用紙を抑える力も強くなりましたが、正直な話、「#20」の終盤の時は絵柄が上手く定まらず、デジタルでかなり修正した程です。

そして昨日、買い物中に右手にも一瞬でしたが痺れが走りました。

慌てて整形外科に駆け込み、事情を説明したところレントゲンでの診断には限界があり、MRIで神経が首の脊髄を圧迫しているのかどうか確認しないと何ともいえないとの答えが出ました。
MRIというのは、ご存知の方もおられるかもしれませんが、身体を輪切り撮影する機械で、神経や筋を撮影する時に使用するものです。
私も両足靭帯断裂した時に、何度も撮影しました。
ただ、先生が危惧していたのは私が持っている一番重症な病気…「パニック障害」です。
MRIを受けるなら、今度は頭から撮影するわけで、閉鎖的空間に身を置く事で発作が起きる可能性を示唆されました。
昨日はそれで即答できず、1日悩みました。
悩んで悩んで、不安と恐怖に苛まれました。

けど今日、再び整形外科を受診し、MRI検査を受けると先生に伝えました。

発作がおきるかもしれないリスクを抱えながらも検査を受ける背景には、


右手まで痺れてしまったら…
ペンが持てなくなったら…

その恐怖の方が何倍も何倍も恐かったんです。

検査は明日の午後に決まりました。
今、通院している整形外科にはMRIといった大掛かりな施設はない為、別病院での撮影を先生からお願いしていただいたわけです。
総合病院ですので、時間は決まっていても遅くなる可能性があります。

なので明日の更新は無理かもしれません。
本当に、本当に申し訳ありません。

それから、病気の状態によっては今後の更新ペースが落ちる可能性があります。
2p更新ができないかもしれません。
リハビリも週1から週2、もしくは週3になる可能性もあります。
続きを楽しみにしていらっしゃる方々には、お待たせする事が今後、発生するかもしれませんが…ご理解いただけるよう、重ねてお願いします。


あと、これは一からのワガママで勝手な言い分です。
不快に思われる方もいるかもしれませんから、そういうのは見たくないという方の為に隠します。

【コメントに関するお願い】
 

aboutページの改訂で、あれ?と思われた方もいるかもしれませんが、一から切実な切実な…多分、自分勝手なお願いです。

コメントを頂くと嬉しいです。本当に嬉しいです。
現在、コメントが入ると一の携帯にコメントの通知が内容と共に届くよう設定しています。
それでメールが届くと、とても嬉しい気分になります。

けど、メールをあけてションボリしてしまう事が最近多くなりました。

いつも読んで下さって本当に嬉しいです。
勇気を振り絞ってコメントして下さって、本当に感謝です。

だけど、「感想」ではなく「間違い見つけた!」のようなコメントばかりは…本当に悲しいです。
読み終わった後は、

(その間違いしか、「見て」もらえなかった)

という残念な気持ちと、そして執筆意欲の低下…。
間違いがあった為に、話を読んで頂けなかった。という物凄い…なんと表現したら言葉にできないんですが……とにかくメッチャ凹みます。

勿論、間違ってしまった私が一番悪いのですが、その間違いを見つけた瞬間に矢継ぎ早にコメントが大量に届く。
いつもは静かなのに、間違いがあったら「そこ」だけを突いて終わる。


どこのサイト様でも拍手なりメルフォなりで、読者様からの感想を求めていますね?
それは私の独断と偏見ですが、間違いを指摘するだけの場ではなく、作品の雰囲気はどうだったかな?とか、キャラの事、どう思っているかな?とか…作品に対する「読んだ感想」をドキドキワクワクしながら待っているんだと思います。

少なからず、私もそう考えている1人です。

「より作品を良くして欲しいから間違いを正しただけなのに!」

と憤慨されるかもしれませんが、そこにほんの少しでもいいから

「○○のシーンは面白かったです」とか「○○が好きなんです。」とか添えられていたら、受け取った側は全然気分が違うと思います。


間違いコメントばかりを受け取ってしまう私は一体、どこがいけないんだろう?
もしかして作品自体が印象に残らないんだろうか?
ダメ出しばかりではなくて、どうしたら「感想」を頂けるんだろう?

「#18」あたりから実はかなり悩んでます。

自分の作品は感想し辛いほど、面白くないんだろうか…?
仕事でもダメ出しばかりをくらい、漫画でも私はダメ出しばかりくらうのか?


どうしたらいいんだろう…?



リンクミスについての報告は本当にありがたいです。
いかんせん、手入力ゆえにチェックしているつもりでも、間違えてしまっているのを気付かずにそのままでは読者様に手間を取らせてしまうので。
…昨日はそれに関して「読者に甘えるな!」というお叱りのコメントを頂いてしまいましたが。


長年、暖めて暖めまくって公開している作品です。
勝手でワガママなお願いですが、せめて間違いを指摘する事になっても…何か「感想」を添えて頂けないでしょうか?

コメントで
「いつも楽しく読んでます。×××(←長文での間違い指摘またはリンクミス)では、次を楽しみにしてます。」
これが結構堪えるんです。

「いつも楽しく読んでます。○○○(感想)。ところで、×××(←間違い指摘またはリンクミス)がありました。△△が正しいと思います。では、次の話(または展開)を楽しみにしてます。」
になってると凹みがかなりなくなります。

勝手ですいません。本当にすいません。
また読者に甘えるんじゃねぇ!とか思うかもしれません。
ですが、私もちょっと精神的に限界です。
そんな事、お願いするぐらいなら漫画描くな!とか思われてしまうかもしれませんが、ヘルニア疑い(多分確定ですが。)で気分が落ち込んでいる所に、追い討ちをかけるような…ましてや言葉が悪いですが「重箱の隅をつつく」コメントは控えて頂くよう、お願い申し上げます。

本当に切実です。
どうか、楽しく漫画を描かせて下さい。
最後まで描かせて下さい。

宜しくお願いします。
勝手で本当にすみません。

-5 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.09.04 23:58 | | # [edit]
pyoko says..."No title"
こんばんは♪
首がそんなことになってたとは・゚・(ノД`)・゚・。
起きてることも横になってることも辛い時があったのではと。それにとっても暑かった時期に。。。
今日の検査よく受ける決断されましたね。
原因がどの部分にあるのか、しかと見極めて、時間かかるとは思いますが、にのちゃんがこれからも執筆活動ができるように先生に診てもらってくださいね。
みんな更新楽しみにしてると思うけど、にのちゃんあっての作品だから。
更新が延び延びになっても待てるよ!
今無理やりに頑張りすぎないで~

今日の検査が無事に終わるようお祈りしてます。
病院から戻ったらちゃんと休息をとってね(^▽^)/
2012.09.05 00:57 | URL | #- [edit]
ぱっか says..."No title"
はじめまして
いつもマンガ読ませてもらってます!
実は私も(今思いっきり受験期なんですが)似たような症状があって、一さんの辛さとかは少しわかっているつもりです。こういうのがあるとよく、~になってしまったらどうしようとか思うことがあるかもしれないですけど、自分は大丈夫って信じることが一番だと思います。
悪くなることもあるかもしれないけど大抵どうにかなることの方が多いですから。
何日マンガの更新が止まる~とか今は余り気にせずにゆっくり休んでください^^
何日でも、いや何年でも待ってますので頑張って!

では失礼します^^
2012.09.05 07:03 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.09.05 21:33 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.09.06 21:47 | | # [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。