頚椎ヘルニア闘病&漫画執筆日記。

一(にのまえ)優羽のオリジナル漫画&猫カフェブログ…時々ヘルニア闘病記。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水泳

0

キリ!
ロボっちゃまを可愛く撮り隊の苦戦は続く。
暗がりだったので画像ソフトで修正かけて、こんなん感じ。

もっとキリッ!
修正しながら(おっ!ちょ、コレ可愛くね?)と思っても
耳がちょっこし切れてるし…・゚・(つД`)・゚・

ん~…
とにかく一がやたらロボっちゃまを可愛く撮りたいと
しつっこくつきまとってしまったら…

………
露骨に不満な耳。



本日も2p、無事更新できましたー!+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚
娘よ、そんなに早い流れではない。
カナヅチ設定なのは、村での体育の授業に水泳がなかった。
てか、プール自体がなかった(笑)


今回の更新ページで娘が溺れてますが、一も2度、溺れてます。
1回目は何歳だろう?6歳ぐらいだと思うのですが、田舎のプールに父と妹と3人で行った時、父は妹にかかりきりで(妹、当時3歳)私の存在を完全に忘れてしまい、私もいるのにーと傍に行こうとして余りの深さにビックリして溺れました。
監視員に救助され、父に怒鳴られました。

2度目は中学生で海で。
台風が去った直後の海で泳いじゃったので自業自得ですが、この時は溺れたというより溺れかけたってのが正解でしょうか?
幼少から夏になったらプールに行きまくってた&毎年、お盆になると海か川で泳ぐというのが当たり前の環境で育った私は50メートルは楽勝でした。
そして万が一、海で溺れた時の対処法とかも習ってたり。(これは海が近いが故に先生から教わりました。『泳いだらだめ!だけど』の念押しです。)
何とか自力で浜辺にたどり着きましたが、一緒に居た友人は流されて、浜で休憩していた別の友人が助けました。

けど、やっぱり泳じゃだめって所では止めた方が正解です。


高校入学した時は、学校にプールがないのに幼馴染みと驚愕したのを覚えてます。

(どーすんだよ、水泳の授業!)

と思ってたら、夏休み直前になって体育教師が

『○日~○日迄、○○中学のプールで水泳の勉強するぞ。期間内に25メートル泳げないと、成績響くぞ』

と言われ、初日にたった1時間もかからず終わってしまった一と幼馴染み達。
部活の先輩に

『早っ!まさか25メートル泳げるの?』

と聞かれ、同じ中学出身の一一向は

『最低でも50メートルは泳げないと恥と教わったので…。』

と消化不良気味な水泳授業に不満でした(笑)
全員、50~100メートルは楽勝で泳げてたんです。


今は…全然泳いでないから体力落ちてダメだろうなぁ…( ̄ω ̄;)


次回更新は明日です(・∀・)b
お買い物~♪
 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。