頚椎ヘルニア闘病&漫画執筆日記。

一(にのまえ)優羽のオリジナル漫画&猫カフェブログ…時々ヘルニア闘病記。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

プリンター臨終

0

この画像は「CatRoomこるね」様の許可を頂いて撮影・掲載しています。
無断での転用はご遠慮下さい。
(この画像は在りし日のコットンの姿です。2013.3.5天に昇る。)
15060201-DSCI0858.jpg
一の脚の上で先輩キャスト達を観察するコットン。
そのうち向かって右のオリガミが入っている箱に興味を示す。

15060202-DSCI0895.jpg
……箱から出てすぐに足の上に戻る。
あんまり暖かくなかったらしい。

15060203-DSCI0896.jpg
もっと暖かい場所へと一の太ももに移動。
落ち着いたかとおもいきや…

15060204-DSCI0908.jpg
その隣でパズル先生とガチャの場所取りバトル勃発。(先生敗北)
結局最初の位置ですやすやコットン。



昨日、「#34」の3ページ目を印刷したらプリンターの電源ボタンが変な点滅を繰り返し始めました。
なんじゃい?と電源落としてみたりしましたが、直らず。
同じような症状、ネットであるかなーと探したらあったにはあったんですが、分解して一時的に直っただけで結局メーカー修理にたどり着いたとの事だったのでメーカーのサイトへ。

まず本当に修理確定かとプリンターの機種でサイト内検索をすると1件もヒットせず。
いやな予感がして、修理対象外機種ページを見たら、見事に一のプリンターが対象外になっておりました。
しかも同じシリーズで1個!ピンポイントで

「もう修理できませーん!」

とサイトからNOをつきつけられてしまいましたi|||i_| ̄|○i|||i


仕方なしに新しいプリンターを探すべく色々見てみました。
買って7年ちょい…。
その間、1度だけ修理に出しましたが、それ以外は重宝していた愛機。まだまだ使えると思ったんですが…。
低コストで色んな機能がついていた優れものだっただけに現在発売されているもののグレードダウンに驚愕しました。
両面印刷できないとか、インクカートリッジが一体型でインク代がバカ高いもの、CD印刷ができないetc…。
密林で3,000円弱のものがありましたが評価はかなり悪く、年賀状40枚印刷でインクがなくなるとか本体安い割りに備品コストがイマイチで綺麗と謳っているが歪むとか書いてあると気が引けます。

で迷って、迷って複合機(つまりスキャナがついてるやつ)を選びました。
理由はやっぱりインクカートリッジ。
一体型じゃなくバラである事や両面印刷ができる事を考慮しました。
壊れた愛機と同じ値段で求めようとすると悲惨みたいなので、ちょっと上乗せ。スキャナの評判はイマイチですが、スキャナは単体で既にあるのでいいかと。
複合機じゃなくて純正なプリンターで愛機のような良作はもう期待できないようです。(メーカー側がインク代で稼ごうとしているのがモロバレです。)

…10年は持ってほしかったなぁ。

ちなみに3,000円のプリンターはベトナム製らしく、酷いと届いたその日から動かなくて4台も交換してもらったがダメだったそうです。ハズレを引きすぎ…(汗)


新プリンターは明後日到着です。
さてさて、綺麗に印刷してくれるかな??






メルフォの希望冊数上限は2冊までです。
また、冊子化とは関係ないコメントを記入した場合は(誹謗中傷や漫画の感想等)無効となりますので、ご注意下さい。(無効対象になった方のデータは削除致します。)
「1冊希望」「1冊希望します」
これだけでいいです。締切は2015年6月9日23:59迄!

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。