頚椎ヘルニア闘病&漫画執筆日記。

一(にのまえ)優羽のオリジナル漫画&猫カフェブログ…時々ヘルニア闘病記。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

ネチケットは守りましょう

0

この画像は「CatRoomこるね」様の許可を頂いて撮影・掲載しています。
無断での転用はご遠慮下さい。
14110801-DSCI4891.jpg
オモチャに超真剣なラッテとツミキング。

14110802-DSCI4892.jpg
2匹同時に短い前足をサッと!!! 無理です。捕獲できません!

14110803-DSCI4914.jpg
………ラッテ、飽きたようです。



本日、作品に関して暴言を書き連ねたコメントが来ました。
ショックでまだ食事も摂ってません。
直りかけてた耳鳴りが一気に鳴り始めました。
メンタルが弱いので、こうしたことがあるとすぐに身体に出るのが悔しいです。

…昔っから何かと悪口対象になるなぁ。
専門学校に通っていたときも
「カラーセンスない」
「あいつは才能がないからダメだ」
って悪口を言ってたよと後で聞かされて、そのたびにどんどん自信失くしていったものです。

たいていそういった言葉を受け取る時って何かあった時が多かった気がします。
初めて出版社にマンガを投稿したらいきなり賞金もらったとか…
学校で先生に評価されたイラストが貼り出された時とか…


今回、頂いたコメントは多分、マンガボックスインディーズでのコメント機能をOFFにして文句が言えないからサイトに文句を言ってきたのでしょう。
マンガボックスインディーズはコメントが匿名なので、コメントONの作品をたまに見ると

「絵、下手だな」
「絵、うまくなった」
「どうにかしろよ、絵を」
「これはひどい。」
「●●の時はいいけど、○○になるとダメだな」

というのがすごく多いです。
中学生さんかまだデジタル絵に不慣れな漫画に対してのコメント数はとにかく半端ないです。
粗を探してつついてつついてつつきまくって何が面白いのでしょう?
というか、描き手さんの事も考えてあげようよ。
作品を「読んで」あげましょうよと最近、よく思います。


すいません、つらつらと愚痴を書いてしまいました。

コメントをいただきました!(^₋^)/
Continue Readingをクリックして反転してお読みくださいませ~♪
 

<ito様

いらっしゃいませ♪
ありがとうございます!!!(・∀・)
ito様のコメントがなかったら、一、本日の更新が出来なかったかもしれません。
ものすごく救われました!!
ito様のような読者様がいてくれて幸せです!!本当に感謝します!
コメント、ありがとうございました~!+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。