頚椎ヘルニア闘病&漫画執筆日記。

一(にのまえ)優羽のオリジナル漫画&猫カフェブログ…時々ヘルニア闘病記。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

誰のつぶやきだっけ??

0

この画像は「CatRoomこるね」様の許可を頂いて撮影・掲載しています。
無断での転用はご遠慮下さい。
14101301-DSCI0668.jpg
キャットタワーの下から2段目で毛づくろいオリガミ。

14101302-DSCI0670.jpg
そういえば……高いところへ一気にジャンプって
見た事ないかも。

14101303-DSCI0672.jpg
足の裏の毛で滑ってジャンプできないのかな?

14101304-DSCI0673.jpg
オリガミ「テヘペロっ!」
オリガミ、それはもう死語だ( ̄ω ̄;)



マンガボックスインディーズ」様で「Metamorphose」を公開しはじめてそろそろ2週間になります。
途中でコメント機能をONにしてみたのですが、回を重ねる度に酷くなってきたのですぐにOFFにしてしまいました。

コメントで一番嫌だったのは、やっぱり特定キャラの中傷でしたね。
OFFにしたのはそれが一番の理由です。

が、もうひとつ理由があります。
誰がつぶやいたのか…プロの漫画家さんだと記憶しているんですが、

『最近の子は「マンガが読めない」』

と仰っていたのを思い出しました。
これは、セリフばっかり追ってしまい、絵とかコマの『間』がわからない。
話の流れを理解できない。
説明がないと理解できない。

そういった意味です。

マンガボックスインディーズ」様では10p程ずつ公開しているのですが、コメント機能をONにしている時、そういった「読めない」方のコメントをいくつか目にしました。
そのプロの漫画家さんもファンレターとかTwitterでそういったコメントが多くてつぶやいたのかもしれません。

あとは「この作家さんは●●歳ぐらい?」とか、まだまだこれからであろう学生さんの漫画に内容とは関係ない酷いコメントが沢山。
読めない人が増えている…とここで意味がわかりました。

しかし、本当に誰のつぶやきだったかなぁ???もう随分前(数年前かな?)のつぶやきだった気がします。
けど絵描きとしてはインパクトが強いつぶやきでしたね。


本日の更新独り言
トミーと電話している相手、「#02」にチラっと出てました。
さて、どこでしょう?探してみましょー!


コメントをいただきました!(^₋^)/
Continue Readingをクリックして反転してお読み下さいませ~♪
 

<かなで 様

いらっしゃいませ!
わざわざマンガボックスインディーズからお越しくださってありがとうございます。(「箱」って言うんですねー)
あちらでコメント機能をONにしている作家さんは相当、心が強い方なんだなぁと尊敬してしまいました。
って、皆が皆、心が強い方ではないとは思いますが、傷つきながらもあえてそれを甘受して静観されている作家さんもいるのでしょうね。
一は1週間も持ちこたえられませんでしたが(苦笑)

一気読み!ありがとうございます!!すごいページ数なので疲れませんでしたか??
「箱」では10p前後の公開でやっていくつもりですので、気長にお待ちくださると嬉しいです。
わざわざのお越しとコメント、ありがとうございました~!+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。