頚椎ヘルニア闘病&漫画執筆日記。

一(にのまえ)優羽のオリジナル漫画&猫カフェブログ…時々ヘルニア闘病記。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

描き直した

0

この画像は「CatRoomこるね」様の許可を頂いて撮影・掲載しています。
無断での転用はご遠慮下さい。
14030801-DSCI0021.jpg
ツミキングのとある部分が気になる。

14030802-DSCI0027.jpg
その気になる部分をおっぴろしてグルーミングするツミキング。

14030803-DSCI0032.jpg
ツミキング「にゃにか問題でも?」
おおありだ( ̄ω ̄;)
その後太りすぎで結石作っちゃったツミキング。



今回の更新ページ、実は先週描きあげていたものですが、その時、ペン軸が調子悪くていつもの丸ペンじゃなくて、確か売り場に
「プロの漫画家も愛用!」
ってポップが張り出されていたとあるペンを使用したのですが

「ふ、太い!線が太すぎる!てか滑らかに描けない!」

と描きながら思って、やっぱり補正用に戻そうと、その日のうちにペン軸を直して翌日からはいつもの丸ペン軸を使ってたんです。

で、今日その不具合なまま描き終えたページを見て

(やっぱりダメー!)

と、スキャン前に全部描き直しました。
ちなみにその太いと思ったペン先の太さは0.2。消しゴムかけたらちょっと線が切れちゃってたとか、そんな補正で使っていますが主に手足とか線が太めな部分のみ。
髪の毛とか瞳は0.05のペンを使ってます。
それでも太いって感じるんだから、相当細い線で描いているのは自覚してます。

…スキャンで線を太らせてるだけ。
ちなみに今日からICスクリーンではない原稿用紙を使用。ちょっと断ち切り線が薄いのが困りものですが、大量買いしたので当面はこの原稿とお付き合いです。
早く慣れれば気にはならないレベルかな?
1ミリ単位の目盛りもあるし。

丸ペン軸の不具合は墨汁が丸ペンをさす所に入り込んで固まっちゃったんです。
古いペン先を取り替えたかったのに握力がないのも手伝ってかなーり奮闘しました。気をつけてたんですけどね。新しい墨汁なので量が多いから漬ける時に深く入れないようにと…。
油断です。
 
忘れないためにちょっとメモメモ!
 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。