頚椎ヘルニア闘病&漫画執筆日記。

一(にのまえ)優羽のオリジナル漫画&猫カフェブログ…時々ヘルニア闘病記。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身体は正直

0

この画像は「CatRoomこるね」様の許可を頂いて撮影・掲載しています。
無断での転用はご遠慮下さい。
13112201-DSCI2874.jpg
足の裏の毛が長いのでジャンプすると滑りそうなオリガミは

13112202-DSCI2875.jpg
ゲージをこうして一生懸命によじ登る。

13112203-DSCI2876.jpg
オリガミ「よいせ…よいせ…」

13112204-DSCI2877.jpg
オリガミ「登頂~!!!!!」

13112205-DSCI2804.jpg
アーサー「バッカじゃね?ここからこうしてジャンプしたら…」
オリガミ「う、うるさい!よいせ!」

頑張れ、オリガミ( ̄ω ̄;)



今日も無事に更新できましたー!
ちょっと出来ないかな??と思いましたが、なんとか出来て一安心とともに更新できたありがたみを知る。

というのも、春からず――――――――――――――――っと悩まされていた問題がありまして、それに関連して不眠に拍車がかかるし、頭痛はするし…で、最近なりを潜めていたと思ったら昨日、またその問題が発生して、ついに身体がギブ!と悲鳴をあげました。

で、病院に行ったのですが悲鳴をあげた場所が場所だけに、下手すりゃかなーり時間かかっちゃうかな?
とか
妹とかに連絡しなくちゃいけない病気になっちゃってたらどうしよう?
とか
診察待ちの間にぐるぐる考えていたんですが、診て頂いたらストレスからくるものでした。

つまり、問題を解決しない限り一のストレスは減らず、ギブ!ギブ!と身体が悲鳴をあげちゃうのです。
なんの問題かは、ここで書くのは憚られますが…診察していただいた先生も昔体験した事がある、マンションとか集合住宅ならではの問題とだけ記載しておきます。

父と同じ病気になってしまったんだろうかと一瞬ヒヤリとしましたが、先週、血液検査をしていただいて全くの問題なしだったので、その心配だけは取り除けられましたが…困ったものです。



マンガごっちゃ」様にて「Metamorphose #17(part2)」が公開中です!見開きで読みたい方は、是非こちらも読んでみてくださいね(^₋^)/
あ、もう11月下旬だ!Σ( ̄□ ̄;)

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。