頚椎ヘルニア闘病&漫画執筆日記。

一(にのまえ)優羽のオリジナル漫画&猫カフェブログ…時々ヘルニア闘病記。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

音楽祭~!

0

この画像は「CatRoomこるね」様の許可を頂いて撮影・掲載しています。
無断での転用はご遠慮下さい。
13110801-DSCI2625.jpg
尻尾が判別できなかったらどうなってるか解らないオリガミ。

13110802-DSCI2769.jpg
遊ぶ?    オリガミ「お尻撮ったらダメ」



今日も更新できましたー。ネームとペン入れは出来ませんでしたが。
出来なかったのは、ピアノとバイオリンの演奏が聞きたかったので音楽祭に行ってきたからなんです。
去年も通院帰りに偶然、演奏を目にしましたが、屋外だったので寒かったのと、フラメンコの踊り手さんが激しくてアクセ飛ぶとか風が凄くて凄くてスカートが予想以上にめくれあがっちゃって目のやり場が…って印象が(笑)

今回は広い公園の敷地内にある古い洋館の中で行われました。
13110803-1383899956845.jpg
26回もやってるんですね。知りませんでした( ̄ω ̄;)

13110804-KIMG0008.jpg
開場までは公園内を散策。いい森林浴が出来ました。

13110806-KIMG0017.jpg
古い家屋の縁側で一休み。縁側からパシャリ。

13110805-KIMG0041.jpg
コンサートで仕様されたピアノ。


会場はもともと個人の邸宅だったそうですが、亡くなられて寄贈されたそうです。
家主はピアノを嗜んでいたそうで、画像のピアノはアメリカで製造された100年以上もする古いピアノです。(材料はドイツらしい??)
第1部は古典的で皆様も耳にしている楽曲が中心の構成で、第2部は会場の元家主さんが好んでいた現代に近いクラッシック構成となりました。(作曲者は日本にはあまり馴染みのない方々ばかりでした。フランスとアルゼンチンの作曲者だそうです。)
第2部は作曲者が現在も存命ということもあり、リズムが今風で力強いかったです。
ピアノとバイオリンの楽曲ってどんなのがあるんだろう~??と取材みたいなノリで行きましたが、色々と勉強になりました。
…ただ、会場内で一、メチャクチャ目立ってた気がします。
来ていた方々、皆様、かなーりお年を召した方ばかりでしたので…( ̄ω ̄;)
第1部と第2部の合間に100年以上前の畏れ多いピアノを躊躇いも無く平然とボーンボーンと弾いちゃう度胸は一にはありませんでしたi|||i_| ̄|○i|||i

あとは第2部で生コントラバスを見れて感動!!+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚
実物はデカかったー!男性の方が演奏してましたが、かなりの長身な方なのに楽器を持っちゃうと小さく見えるという不思議現象。



マンガごっちゃ」様にて「Metamorphose #17(part2)」が公開中です!見開きで読みたい方は、是非こちらも読んでみてくださいね(^₋^)/

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。